江戸切子 重ね矢来文様タンブラーペア KJT04-TB2

東京の伝統工芸品(ガラス工芸) 切子グラス(ペア)セット 贈り物やプレゼントにもおすすめのペアタンブラー(グラス/切子)

切子とは、硝子器に施された模様のことです。
その中でも江戸切子とは天保5年に江戸大伝馬町でビードロ屋を営む、加賀屋九兵衛による切子細工が始まりと言われます。
現在につながる精巧なカット技は江戸時代の面影を強くとどめた意匠や技法に優れたものが多く、現代にいたるまで切子職人たちによって受け継がれています。

■伝統工芸品江戸切子
昭和60年 東京都の伝統工芸品産業に指定。
平成14年 国の伝統的工芸品に指定。




メニュー

【★安心の定価販売★】 【ギフト対応無料】江戸切子 贈り物やプレゼントにもおすすめのペアタンブラー(グラス/切子)] 切子グラス(ペア)セット KJT04-TB2[東京の伝統工芸品(ガラス工芸) 重ね矢来文様タンブラーペア-タンブラー

【★安心の定価販売★】 【ギフト対応無料】江戸切子 贈り物やプレゼントにもおすすめのペアタンブラー(グラス/切子)] 切子グラス(ペア)セット KJT04-TB2[東京の伝統工芸品(ガラス工芸) 重ね矢来文様タンブラーペア-タンブラー